かのん特集

『かのん』とは?

 「グッドジョブセンターかのん(GJC)」は徳島県鳴門市の梨畑やレンコン畑が広がる場所にあります。
小さな施設ですが、主に知的障害がある人たちがそれぞれが個性を輝かせていくことを目指して活動しています。内職・パン工房・制作活動などを行っています。

今回はそんな「かのん」の商品たちを特集します。

マトリョーシカブローチ

『かのん』が縫い仕事を始めた頃から作り続けているマトリョーシカをモチーフにした作品。

それがいつしか『かのん』のものづくりを表す顔になり、個性あふれるブローチとなりました。

一つのブローチを完成させるために2~3人がかかわることで、刺繍の方法やその人『らしさ』も重なり、完成形は一つひとつ違います。

世界にたった一つしかない形と色合いを楽しんでいただければ、と思います。

どうぶつの置物

徳島県鳴門市で作られる、徳島県を代表する伝統的な焼き物『大谷焼』を使って作られた置物。

作り手によって動物の形のとらえ方も違い、丸みのあるもの、手でひねり出された形をそのまま生かしたものなど、千差万別。

素朴な色合いと合わさり、見るたびに癒されます。

どうぶつポット

『どうぶつの置物』と同じく、徳島県を代表する伝統的な焼き物『大谷焼』を使って作られたポットです。

素朴な色合いと、ぽてっとした姿がとても印象的。

多肉植物などを育てたり、小物入れとして使ったり、使い方は様々なので、ご自由に楽しんでください。

器の底に水抜き穴があります。

また、ひとつひとつ手作りのため、商品には個体差があります。

いかがだったでしょうか?

徳島県鳴門市にある、グッドジョブセンターかのん。

動物たちのほのぼのとしたやさしい表情が、毎日の生活にゆとりを生んでくれそうですね。