THE BIG ISSUE No.449 街にやってくる野生動物

$3.00
 +消費税
SKU: 2000000091303

特集「街にやってくる野生動物」
“日本の野生動物は減っている”とあなたは考えていませんか?しかし、瀬戸内海を泳ぎ渡ったり、神戸の市街地にも現れるイノシシ。森の若木を食べ尽くすシカ。東京都内にもあたりまえに生息するハクビシンやアライグマ……。彼らは農作物を荒らすだけでなく、感染症を運ぶ可能性もある。
野生動物の調査や保護に携わってきた羽澄俊裕さんは「野生動物の出没や住民との軋轢の増加の背景には必ず人口減少のプロセスがあった」と言う。人口減に反比例し野生動物は増えたのだ。1960年代に中山間地域で若い世代が減り、農林業が衰退、高齢化が進んで、野生動物と人間の生活圏の境界が変わりつつある。
そんな状況に対し、島根県美郷町は猟友会の駆除頼みから高齢女性も参加できる獣害対策へと方向転換。安田亮さん(美郷町)は、イノシシなど獣害対策の先進地として、ローカルビジネスの創出や若者の雇用・移住などを実現したと話す。
羽澄さんと安田さんに取材した。

スペシャルインタビュー :「ミシェル・ヨー」マルチバース(多元宇宙)とカンフー・アクションという異色の組み合わせが話題を呼び、2022年度の映画賞を席巻している『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』。さまざまな映画へのオマージュを詰め込んだ本作で、いくつもの「パラレルワールドの自分」を演じ分けたミシェル・ヨーが、これまでの人生を振り返りながら作品への思いを語りました。